エニアグラム詳細

目次

エニアグラム診断とは

占いや統計学ではなく心理学に基づく性格類型論

エニアグラム

人の性格を9つにわける性格類型論を使い
あなたの本質的な望みや
生き方を導き出していきます

ここでいう「性格」とは、
表面的な性格ではなく
無意識の奥底にある気質です

よくあるのがこの疑問

子供のころと性格が変わったけど…

人に合わせて性格が変わるから、
どれが本当の自分か分からない

社会人の自分、母である自分、一人の時の自分
「自分」にはいろいろな側面があり
それぞれ、言動や行動が異なります

例えば、営業職が長いと
自分は社交的で外向的だと認識しますが

それは役割によって
後天的に身に着けた性格かもしれません

とても社交的に見えても、
気質自体は内向的なこともあります

それを自分が理解しておくことで
ギャップが摩擦になることなく
楽に生きられます


親からの教育、学校での教え
社会人として培ってきたもの
恋愛から得たもの
色々なあなたの人生
それらを取りつける前の自分に会いに行く

その自分が、
本当に得たいものや求めている幸せを知っている

エニアグラム診断では
役割がない「ただの個」である自分の気質を
見つけていきます

黄色=後天的な役割の自分を診断するのではない
中心にいる白い自分=すべての答えを知っている本質の自分

気質

役割の自分が
無意識にしみついてしまっている人

どれが本当の自分か
わからない人も…

そういった状態で
大量の質問に答えても
本質の自分にたどり着くのは
難しいのが現実です

環境による役割の自分は
時に自分に嘘をつくことがあるからです

惑わされずに正解へ_


絵を使った深層心理判定

心理診断



当サロンでは、環境の変化を受けない本質を
絵のワークを通して見抜いていきますので

ご安心ください

心の奥底では
「ずっと変わらないもの」があります
それこそが自分自身です

普段認識しにくい無意識の自分を認識することで
自分の心の動きや心のルールが理解できます

絵が苦手でも大丈夫
うまい下手は関係ありません

質問テストでのタイプ正解率が低い理由

・無意識の思い込みや、社会的な役割をする自分の状況、または憧れで質問に答えてしまう
・自分のタイプは、自分にとって当たり前すぎて意識しないため、見落とすことも

診断の内容

エニアグラム診断

初回で取り扱う内容
NEOイメコン、単品同様

基本タイプ(9タイプ)

タイプ1 改革する人

真面目で理想が高く、何事にも一生懸命
常に向上心をもち、自分自身も周りも
より良くするため勤勉に努力します
人付き合いは、公正に正直に誠実にがモットー

特徴

自分を律する、完璧主義、礼儀正しい、丁寧、真面目、ストイック
エニアグラムタイプ1

タイプ2 人を助ける人

人のニーズをキャッチするセンサーが高く
困った人がいればすぐに気が付き
親切できめ細やかな配慮をします
人付き合いでは、個人的な繋がりを大切にし
深く密接な関係性を築きます

特徴

親切、気持ちのつながりが大切、母性的、自分のことより相手に意識が向く、親しみやすい
エニアグラムタイプ2

タイプ3 達成する人

はっきりした目的と目標を持ち、達成していくために
効率的に物事を進めます
成果主義で結果ありきのため、ぶれません
行動力があり、人当たりがよく
人のモチベーションを上げるのも得意

特徴

適応力、スマートな立ち居振る舞い、効率、成果主義、上昇志向
エニアグラムタイプ3

タイプ4 個性的な人

感情豊かで独創的な世界観を持ちます
平凡であること、人と同じであることを嫌い
何よりも独特な感性を大切にします
感情に波があり揺れ動きますが
その感受性こそが自分自身のオリジナリティです

特徴

世界観、繊細、気持ちに敏感、独自のストーリー、想像力自己表現、気まぐれ
エニアグラムタイプ4

タイプ5 調べる人

情報を重視し、知識を追求します
物事をじっくり考え、データを集め分析し物静かです
人付き合いは、最低限で、社交辞令や世間話が苦手
人から離れて思考ワークするのが落ち着きます

特徴

洞察力、論理的思考、冷静、分析、客観視、一人が好き、研究者気質、自己完結
エニアグラムタイプ5

タイプ6 忠実な人

仲間を大切にし、協力的で責任感があります
真面目で周りと仲良くしたいという
気持ちをもっているため
愛想がよく人に好かれやすい人柄です
規律を守り、役割を果たし、慎重に行動します

特徴

謙虚、誠実、慎重、人当たりがいい、気配り上手、優柔不断
エニアグラムタイプ6

タイプ7 熱中する人

明るく陽気な雰囲気で楽観的です
楽しいことを見つけ、自由に行動することを大切に
絶え間なく動きます
周りも自分も幸せであるよう
自然体でのびのびと振舞います

特徴

自然体、楽観的、エネルギッシュ、天真爛漫、行動的、気楽、あっさり
エニアグラムタイプ7

タイプ8 挑戦する人

自分の意見をはっきりと伝え
正しいと思ったことを
推し進めていく強さを持っています
時には対立することもありますが
頼ってくる人には面倒見がよく
パワフルで存在感があります

特徴

パワフル、面倒見がいい、自己主張、姉御肌、単刀直入、決断力、タフ
エニアグラムタイプ8

タイプ9 平和をもたらす人

穏やかでくつろいだ安定感があります
平和でリラックスして暮らすことを好み

内面の落ち着きを求めます
人を肯定的に受け止め、ジャッジしません

ゆったり、のんびりしています

特徴

現状維持、ゆるい繋がり、バランス、曖昧、ゆったり、安定感、調和
エニアグラムタイプ9

サブタイプ(18タイプ)

基本タイプに隣接するどちらかのタイプがサブタイプとなります
サブタイプのことを「ウィング」と呼びます

エニアグラムウィング

同じ基本タイプであっても、ウィングが変わると、価値観や行動、印象も変わります。

9w8

平和を愛する9に、主張のある8が加わるため、争いなどがあれば積極的に仲裁者の役割を担い、実際の生活環境が平和であることを求め行動する

9w1

平和を愛する9に、理想主義の1が加わるため、実際の生活環境を平和にするよりも、内面に理想の平和を持ち、自己完結で静かに過ごすことを求める

ウィングの影響度合いには個人差があり、ウィングの特徴は、行動面で表れることも多いため、サブタイプであるウィングを、自分の基本タイプだと思い込んでしまうことも多いため、タイプ判定時に注意が必要です。



本能のサブタイプ(3タイプ)

基本タイプの関心をどこに向けるのか、ウィングとは別角度で、意識の矛先を探っていきます。同じ基本タイプであっても、本能のサブタイプが変われば、関心事や人生の課題の発生するポイントが変わります。基本タイプでは解決しない矛盾の理由が明らかになります。

本能の生得タイプ

本能のサブタイプ3種類の関心の違い

自己保存タイプ
日々の暮らしや現状維持や安定に興味がある

自己保存タイプ

セクシャルタイプ
個人的な興味や経験を求め、生きている刺激を感じたい

セクシャルタイプ

ソーシャルタイプ
集団の中での居場所の確保、社会的な役割に興味がある

ソーシャルタイプ

自分に合ったイメコン理論の取り入れ方や、
自分の心が求めている外見の方向性が紐解かれます

トライタイプ(126タイプ)

126タイプあるトライタイプでは、基本タイプをより詳細にしていきます。基本タイプだけでは表れない自分がみえてくるのが、おもしろいところ。自己肯定感の上がるパターンなど、具体的な行動指標がはっきりします。無意識に求める欲求も明らかになるため、イメコンを通して、自分が本当は何を求めているのかもはっきりします。

エニアグラムトライタイプ

トライタイプでわかること

  • パートナーに求める性質
  • 無意識に求めている自分
  • 自己肯定感の上げ方(法則があります)
  • 仕事をするときのパターン
  • 魂のタイプ(基本タイプではなく、自分を満たすもの)
  • トラウマのパターン
  • 取りやすい行動
  • 実はこれを得ることで満たされる

基本タイプが同じでも、トライタイプによって性質は変わります。例えば、謙虚で従順なタイプ6も、様々なバリエーションを持っています。

トライタイプによる違いの例

136(監督タイプの6)

地位や成功を確立するやり手のタイプ6、ハードワーカーでタイプ3にみえることが多い

269(カウンセラータイプの6)

楽観的で前向きなタイプ6に。いわゆるタイプ6の説明にある「不安症」に当てはまらない

369(正義の戦士タイプの6)

忠実ではなく、かみつくことも。権威を利用することもある攻撃的で強気なタイプ6

このように、より詳細な性格が判明します

結果は連動する

各タイプは、独立しているわけではなく、
たがいの結果が関連し合うため
結果はかなりパーソナルとなります

基本タイプ(9タイプ)
正直まだ、さわりの部分なのです

サブタイプ(18タイプ)で価値観がわかれ
そこに本能のサブタイプ(3タイプ)
関心を向ける矛先が変わり
さらにトライタイプ(126タイプ)
細かなバリエーションがはっきりします

それらが複合的に絡み合って
あなたの人格を説明します

人生攻略の巻物

エニアグラムの情報は、
準備ができた人だけが知ることができる
人生の答えといわれています

この人生で成し遂げたいこと、
生まれてきた目的、魂の望みまでが
紐解かれます

メニュー詳細はこちら

メニュー一覧
メイクレッスン
エニアグラム
リピートメニュー
イメコン
パーソナルデザイン

自分自身を羅針盤にする生き方へ

目次